ランディングページのポイントはQualify ⇒ 見込み客の選別を適切にすること

Qualify ⇒ 見込み客の選別

ランディングページのポイントで重要なのはキーワード選定からQualify ⇒ 見込み客の選別に移ってきているようです。これまでのランディングページはPASONAの法則を元に作成し、合わせてキーワード選定に力を入れてきました。しかし、PASONAの法則が一般的になり、競合するランディングページの数が数えきれないほどになってきたこともあり、現在では一般的なランディングページの作り方に加えてQualify ⇒ 見込み客の選別についても検討が始まっています。ランディングページのポイントは検索エンジンの上位表示と顧客へのアピールです。

見込み客はペルソナとしても利用されることが多いです

検索エンジンへのアピールについても現在のアルゴリズムではこれまでのLP制作の ポイントは当てはまらないことが多くなっており、顧客へのアピールをもっと全面に出すことがランディングページのポイントとして有効であると言われ始めています。顧客へのアピールの際重要なのがQualify ⇒ 見込み客の選別です。見込み客はペルソナとしても利用されることが多いです。ペルソナは仮想の顧客です。ペルソナを見ながらページを作成します。Qualify ⇒ 見込み客の選別はペルソナの選定方法をがらっと変えます。買ってくれるお客だけではなく、迷っている顧客をより具体的に表現します。買いたい顧客についてはこれまでのランディングページの手法で対応ができると言われていますが、迷っている顧客についてはQualify ⇒ 見込み客の選別がとても有効であると言われています