野菜の付け合わせは食事をサポートする存在

   

日本人は世界から見ても食事の内容にとても偏りがあり、野菜を取らない人が多くなっています。肉食中心で栄養のバランスが悪くなってしまうと健康を維持していくうえでも大変になり、病気の原因になってしまうことがありますし、骨が弱くなったり肌がカサカサになってくるなど体が弱ってきます。こうしたことを避けるためにも野菜を食べるべきですが、がっつり食べるのは大変という人もいるでしょう。少しでも補うために便利なのは付け合わせで野菜を食べることです。メインのわきにあると残してしまう人もいますが、しっかり食べることでメリットがあります。付け合わせが消化吸収を足す変えたり、料理のうまみをアップさせることにも役立ちます。油が多い食べ物と一緒に食物繊維をとることで、そのまま吸収されないようにしてくれたり、血糖値の急上昇を抑える、腸内の不要なものを排出させたい時にも役立つ存在です。業務用サラダ野菜の仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ行けば、新鮮なものが手に入ります。

付け合わせ野菜が食事をカラフルにしてくれると、食欲アップにもつながります。同じ色合いのものばかり食べていると、見た目で飽きて食欲を低下させてしまうでしょう。野菜はいろんな色合いのものがあるため、見た目で楽しめる食事に変えてくれます。生でも食べることができるものが多いので、カットしただけでも付け合わせにして出せますし、調理すれば味の変化で箸休めにもなり、最後まで食事を楽しむことが可能です。赤みを足したいときには、トマトや赤パプリカなどがあり、黄色にはニンジンや黄パプリカ、緑はとても豊富でキャベツやレタスなどの定番からブロッコリーやアスパラガス、ピーマンや小松菜、ほうれん草などを組み合わせて、見た目を鮮やかにできます。メインとは違う食感が得られることも大切で、よく噛んで食べることで唾液の分泌も促すことが可能です。

不足している栄養や野菜を補うために、いつもの食事に小鉢の付け合わせ野菜をプラスすることができれば、バランスを取りやすくなります。忙しい時にサラダでも作るのが大変だったり、面倒な場合もありますがそんな時に役立つのが作り置きです。常備菜ともいわれますが、時間のある時に調理してタッパに入れて冷蔵庫で保管しておくようにすれば、毎日料理する手間が省けて、もう一品必要な時にすぐに食卓に出すことができます。胡麻和えやナムル、コールスローなどはいろんな種類の野菜で作ることができて便利です。衛生面を考え、作り置きする容器は密閉できるものを準備し、アルコール除菌スプレーを利用してから詰めたほうが良いです。