野菜の直売所で新鮮なものを購入できる

   

野菜はスーパーなどで購入するという人が多いですが、少し都会から離れてみると直売所などが設置してあることもあり、おいしくて新鮮な野菜を安い価格で購入することができます。農家の方が直接売っているので安いのに採れたてのパリッとした葉もの野菜なども購入できるので人気があるところなどはすぐに売り切れてしまうほどだといいます。
直売所はファーマーズマーケットとしてJAなどでも行っているところが多いので、新鮮な野菜を利用したいという人に人気です。その場で作った方が売っているところなどもあるのでどんなものがいいのかを教えてもらうこともできます。新鮮でみずみずしいものや泥つきのものなども購入できるところもあるのでたくさん購入して保存しておきたい人にも便利です。

野菜はどんなものを選べばいいのかわからないという人もいますが、それぞれにポイントがあるのでそれを知っておくといいです。
例えば大根は根は白くてきれいでかたくしまっているもの、肌のきめ細かいものを選ぶようにします。首が黒いものは時間がたってしまっているので避けるといいです。保存するときには泥つきのまま葉を切り落とし、新聞紙などで包んで冷暗所に保存しておきます。
泥を洗っておきたい場合は、泥を落として水分を拭いて新聞紙に包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。使いかけのものは切り口をラップにしっかりと包んで冷暗所に置く、または冷蔵庫に入れておくといいです。

白菜は葉の巻きがしっかりしており手に持ったときにずっしりと重量感があるもの、外側の葉が濃い緑色で厚みのあるものがおすすめです。切り売りされているものを購入するときは葉と葉が詰まっているものを探すといいです。葉の巻きがゆるくてふかふかしているものや葉の先端が外側にそっているもの、葉に黒い斑点のあるものは避けます。
暖かい時期なら新聞紙に包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。冬はそのまま新聞紙に包んで冷暗所に立てかけておくようにします。残ったものはラップ、またはポリ袋に入れて冷蔵庫で保存しておくといいです。
他にも野菜によって良いものを見分けるポイントや保存方法などがあるので知っておくとおいしい状態を長く保つことができます。安いときに購入してきれいな状態を保つことができるのもいいです。野菜が高騰する時期ならなおのこと安いときに購入して新鮮な状態を長く保ちたいものなので、少しでも良いものを選ぶことができるように考えることが大切です。
次に読みたい記事【女性の味方!】美容に良い!と大人気なグレープフルーツの魅力とは?