新鮮な野菜の天ぷらを作る

   

野菜の天ぷらは和食の定番とも呼べる存在ですが、お惣菜を購入したり天ぷらを専門とするお店に行かなくても家庭で美味しく作ることができます。もちろんプロが作るものも美味しいですが、家庭で作ればコストを抑えることができるのでお得です。一般的に揚げものは難しいというイメージがあります。しかし作り方はシンプルなので家庭でも簡単に作ることができます。材料となる野菜にはサツマイモやレンコン、カボチャ、オクラ、シイタケ、パプリカ、ナスなどがあります。野菜を揚げるためには小麦粉を使用します。小麦粉は揚げもの専門のものも市販されていますが、家庭にある普通の小麦粉でも美味しく作ることができます。卵と水、小麦粉は衣の材料となります。温度が上昇すると粘りが発生して厚い衣になってしまうので、材料は冷やしておくことが重要です。また卵はマヨネーズで代用することもできます。マヨネーズを使用すると衣の中の水分が飛ぶので、食べたときの食感が良くなります。料理中に衣の温度が上昇した場合には氷を入れて冷却すると効果的です。
基本的に揚げものをするときの温度は180度が目安とされますが野菜によっては温度を変えると美味しくなります。油の温度は温度計を使用すれば測ることができますが、衣や菜箸を利用して測る方法も存在します。150度から160度の低温の場合には衣を落とすとゆっくり沈んでから浮き上がって来ます。また菜箸を入れると先から少しだけ泡が発生します。160度から170度の中温の場合には衣を落とすと少しだけ沈んでから浮き上がります。菜箸を入れると細かい泡が発生します。180度以上の高温になると衣が沈まずに散らばります。また菜箸を入れると多くの泡が発生します。シソやミツバなどの葉物やピーマンなど彩りを残したい野菜、ジャガイモ、レンコンなどのような火が通りにくい野菜は低温で揚げます。その他の野菜を揚げる場合は中温が最適です。高温は肉や魚など短時間で揚げたいものの場合に適しています。
天ぷらの材料となる野菜はスーパーや産地の直売所などで安く購入できます。最近ではインターネットで業務用食材の通販も行われるようになりました。業務用食材を扱っている通販サイトでは国内外から様々な食材が集められています。業務用カット野菜の仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ行くのが良いでしょう。飲食店などの業者だけでなく、個人で会員登録して利用できるものもあります。スーパーなどで購入する場合と比較して安い価格で様々な食材を購入できるので合理的です。