野菜チップスの美味しさ

   

美味しい野菜を卸してもらうどのように調理しようか悩んでいる方に朗報です。
野菜嫌いの子供でもお菓子感覚で手をのばすことができる調理法が野菜チップスの大きな魅力です。
また野菜で作るチップスはヘルシーでダイエット中の方にもおすすめできるメニューです。
無理なく野菜を摂取することができ、おやつかわりにも役立ってくれます。

野菜チップスは野菜があれば簡単に作ることができ野菜の種類も好みのものでできます。
またノンオイルで作ることができますので、市販のチップスより健康的です。
レンジで簡単かつ気軽にできるレシピは油で揚げる必要がないので重宝するレシピメニューです。

材料と作り方です。
野菜は好きなものを用意します。業務用煮物野菜・根菜野菜の仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ行けば、手頃なものが手に入ります。
よくみかける市販のベジタブルチップスではカボチャやニンジン、レンコンなどがあります。
それらをベースに作り方を紹介していきます。
ニンジンとレンコンはまず皮むきをします。
皮をむいたらスライサーを使いますがニンジンは拍子切りにスライスすると良いです。
ほかの材料も同様にスライスしていきます。
電子レンジで最初に加熱するのに適しているのはニンジンとカボチャです。
レンコンはしばらくの間水にさらして変色を防ぐのがおすすめです。
キッチンペーパーなどを使いで押さえながら水気を切ります。
大き目の皿を用意し材料同士が重ならないように気を付けながら並べたら、お好みの量の塩を振りかけます。
レンジで加熱します。
まず1分から2分ほど加熱し、ひっくり返してさらに1分から2分加熱します。
出来上がりの目安は水分が飛んでパリパリの状態になったときです。
加熱時間は使う材料により変わります。
ジャガイモやサツマイモは水分量が多くこの時間より時間がかかることもあります。
また大きさがでも変わります。
材料や大きさにより加熱する時間は自身で調整してあげるとよいです
味付けの塩以外にもお好みの調味料で味をつけるアレンジも可能です。
しかし加熱後に味付けをしてもうまくのらないので、加熱前に味付けをしてあげるのがポイントです。
ベジタブルチップスは素材の美味しさを引き出し、ベジタブルがもつ本来の甘みを堪能することができるお菓子です。
料理の仕上げのトッピングやお酒のおつまみ、子供のおやつなど幅広いメニューに最適です。
なかなか消費できないベジタブルもこのレシピならすぐに消費することができ、レンジで作れるためあっという間に完成するのも忙しい方にもうれしいレシピです。