野菜の長期保存の方法を知っておくと便利

   

野菜は新鮮なものを選んで購入したいという人はたくさんいます。ですがどんなものが新鮮なのかわからないし、せっかく安く購入できてもなかなか良い状態で保存することができないという場合もあります。
業務用の野菜通販などで安い価格でたくさん野菜を購入したけれど、すぐに痛んでしまって食べることができなくなるという人などには長期保存をしっかりとできる方法を知っておくことをおすすめします。それぞれで保存方法が違うのでそれぞれにあった方法をきちんと調べてから長期保存するといいです。
ドライフルーツもいいでしょう。参考サイト)業務用ドライフルーツの仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ

野菜はそれぞれに適した環境があるのでそれを理解しておくとおいしいまま長期保存をすることができます。ほとんどの野菜は冷蔵庫の野菜室に保存しておいて大丈夫です。ただ、いも類や根菜類、うり科など一部の野菜は低温での保存に向かないものなので冷暗所に保存するといいです。
さつまいもや玉ねぎ、じゃがいも、かぼちゃ、なす、ピーマンなどは冷蔵庫に入れずに冷暗所に保存しておきたい代表的なものです。ですがカットしたものは冷蔵庫で保存するようにしましょう。ラップをかけてしっかりと切り口を保護することが大切です。

水分や甘みが出ないようにすることが大切です。野菜のほとんどは水分なので収穫時から5パーセント以上の水分が失われるとおいしさが半減してしまいます。水分が出ないようにプラスチックの容器などに入れておきましょう。カットしたものはラップで包み水分の蒸発を防いでおくといいです。きちんと保存することで野菜の甘みを逃すことなく保存することができます。ただし注意する点がひとつあります。それは全体をラップで包まないということです。ラップで完全密封すると呼吸ができないので劣化してしまいます。切り口をぴったりと保護しておくだけでも十分です。
冷凍保存をするという方法もあります。トマトやもやしも冷凍保存することができますし、キノコ類も冷凍保存したほうがおいしく食べることができるといわれています。冷凍したものは解凍せずにそのまま使うことができます。あらかじめカットした状態で冷凍保存することですぐに調理に使うことができるのが便利です。キャベツ、アスパラ、まいたけ、にんじん、ごぼう、大根などはカットして冷凍しておくことですぐに調理することができるのがいいです。安いときに購入しておき、長期保存しておくことでいざというときに困ることもなくなりますし、色々な調理で使うことができるので便利です。