野菜をたっぷりとれる中華スープ

   

おすすめのショップはこちら⇒業務用水煮の仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ
野菜嫌いでも野菜をたっぷりと美味しく食べることができるのが中華スープです。
中華の食欲そそる美味しさが魅力です。
また調理で余ってしまった残り野菜でも簡単にできる中華スープは主婦の強い味方です。

野菜をたっぷり入れた中華スープはどんな野菜でも作ることができます。
お好みの野菜で作れますがここでは参考になる野菜中華スープの基本的な作り方をみていきます。
材料は4人分です。
まず野菜はセロリが5本程度に対し大根を10センチ程度カットした量、人参は2分の1本になります。
コーンも2分の1缶ほど使用します。
ウインナー3本に中華だしが大さじ1杯、塩小さじ半分にオイスターソースが小さじ1杯、水が800ミリリットルです。
中華だしは顆粒タイプがおすすめです。
またオイスターソースはここでは隠し味として味を引きたててくれる役割を果たします。

作り方です。
中華スープに入れる素材すべてを食べやすい大きさにカットしていきます。
できるだけ一口サイズの小さめにカットすると食べやすいです。
次に鍋にお湯を沸かします。
そこに中華だしを入れます。
最初に火の通りにくい食材から入れていくのがポイントです。
根菜などから先に入れるようにします。
すべての具材にしっかりと火を通します。
塩を入れて味を調味したらオイスターソースを入れるのは一番最後です。
オイスターソースを最後に入れたら出来上がりです。

材料を煮ているときですが、鍋を火にずっとかけていなくても大丈夫です。
一旦火を止めて置いておいてもよいのです。
火を止めて置いておくだけでも素材にしっかりと火が通り柔らかくなってくれます。
歯ごたえのあるスープにしたい方や逆に舌でつぶせるほど柔らかい状態に素材をしたい方などお好みの食感になるまで煮込んでいくのがポイントです。
味付けもお好みでアレンジできます。
コショウなど入れて構いません。
栄養満点の中華スープは冷蔵庫に余った食材で気軽に作ることができお財布にも優しいレシピです。
普段栄養が偏りがちな食生活を送っている方も鍋にまとめて作ることで、いつでも食べたいときにすぐに食べることができます。
小さなお子様から食べ盛りのお子様、食生活の乱れが気になる方や年齢を重ね食欲が低下してきた方にも役立つメニューです。
優しい味わいのスープと中華の奥深い香りとおいしさが食欲をそそり、幅広い年代層に最適なスープメニューといえます。
ぜひご家庭で作ってみてください。
本格的な中華のスープが手作りで堪能することができます。